笑えば痩せる?笑いとダイエットとの関係について調べてみた!

2018年12月14日

昔から”笑うかどには福来る”と申します。(^^)

そりゃ泣いたり怒って暮らすより笑って暮らした方がいいに決まっていますよね!

それに笑いの効能は医学的にも証明されています。笑うとNK細胞と言う細胞が増加しがん細胞などを攻撃するということは良く知られていると思います。免疫力がアップすると言うことですね。

また笑いはカロリーを消費するのでダイエットにもプラスになるそうですよ!トンでも論ではなく、きちんとした会議で発表されました。

そこで今回は笑いとダイエットとの関係にスポットを当ててみたいと思います!少しでも何かの参考になれば幸いです。

笑い

 

笑いのダイエット効果について!

ヨーロッパ肥満会議というのがあるそうです。

少し昔の情報になりますが、05年6月にヨーロッパ肥満会議が4日間開催された時に、

「もしカロリーを消費したかったら、笑いなさい。ランニングやサイクリングやボディビルにはかなわないが、一日に10分から15分間大声で笑えば10~40カロリーを消費する運動になる」

という研究結果が発表されました。

その他にも、

「人は笑っているとき、代謝速度が平常時のおよそ20パーセント上昇することがわかりました」

とのことです。

笑うことでカロリーを消費し代謝もアップするならありがたいですよね!笑えば腹筋も使うのでその結果、痩せても不思議ではないですね。

事実、某スポーツ新聞によりますと、女芸人の友近さんが2009年に8キロのダイエットに成功した時に、笑うエクササイズも取りいれていたそうです。

と言ってもどんなエクササイズか詳しくは紹介されていないので何とも言えないですけどね。

 

笑うと腹筋や表情筋が鍛えられる?

よく大笑いした時などに、「腹が痛いww」とか言いますよね。あるいは「腹筋崩壊」と言ったりもします。

確かに思いっきり笑った時には腹筋が痛いと感じることもあります。ただそれで腹筋が鍛えられるのかとなるとどうでしょうか。そりゃ何時間も大笑いを続ければ鍛えられるかも知れませんが、それは無理ですからね。

しかしヨーロッパ肥満会議でも発表されたように多少なりともカロリーは消費するのでダイエットにプラスなのは間違いないですが。

 

それと笑うことで表情筋も少しは鍛えられるはずです。ですのでリフトアップや顔のたるみにも多少はプラスになるかも知れません。

ただ我々のような中高年になると、笑いじわが気になる方も多いと思います。特に女性ならそうですよね。しかしは笑わないと逆によくないとのこと。ですのであまり気にしない方が良いかも知れません。

まあ難しいことは抜きにしても、同じダイエットするなら思い悩んで暗くダイエットするのではなく明るく楽しくダイエットしたいものです。ですのでダイエット中はなるべく口角を上げたり作り笑いをするようにした方がいいですよね。

実際に笑っていなくても、作り笑いや口角を上げるだけでも脳は笑っていると判断し、反応するそうですからね。

あとイメージングダイエットと言う方法がありますが、ダイエットに成功した近い将来の自分をイメージしてニタニタするのもいいと思います。

 

最後に・・

今回は笑いとダイエットの関係を記事にしてみました!多少なりとも笑いがダイエットにプラスになるのは間違いありません。

それに作り笑いや口角を上げるだけならその気になればいつだって出来ますからね。ダイエット効果は別としても、前向きな気分にはなるでしょうね。ですので普段から意識すると良いと思います。

また手軽さを考えたら我々中高年から高齢者の方向きかも知れません。最近はテレビ以外にもyoutubeがありますからね。笑うネタには困らないかも知れませんね。(^^)

ただわしらおっさんがニタニタしていたらどうでしょうか。周りの方に気持ち悪いと思われてしまうかも。

その点には注意が必要ですね!