チョコレートを食べるダイエット方法はおすすめ?ホンマでっかTVで話題に!

チョコレートが好きな方は多いと思います。

特に女性の方は多いと思いますが、中高年のおっさんの私でもたまに食べたくなります。でもチョコレートはダイエットに良いというイメージはないですよね。むしろ逆でダイエットには良くないような気がします。

しかし食べ方次第ではそうでもないようです。以前、ホンマでっかTVでもチョコレートをよく食べる人の方が痩せていたと言う調査結果を紹介していましたしね!

またタレントの楠田枝里子さんはチョコレートダイエットで結果を出されているとのことですからね。楠田さんは自分が痩せただけでなく、チョコレートダイエットの本も出版されています。

そこで今回は、チョコレートダイエットを取り上げてみたいと思います!実際にはどうなのか気になりますよね。

チョコレート

 

チョコレートがダイエットに向く理由は?

ただ気になるのはなぜチョコレートがダイエットに向くのかと言うことですよね。

理由もいろいろありますが、以下は楠田枝里子さんの著書「チョコレートダイエット」からの引用です。

「実はチョコレートで健康的にダイエットができる。基本的には栄養バランスのとれた食生活が大切。その上でカカオ70%以上のチョコレートのスーパーパワーをプラスする」

「チョコレートには、食物繊維やミネラルが豊富に含まれており、便秘解消・肌荒れを防ぐ。さらにカカオマスポリフェノールが脂肪の燃焼を活発にしてくれるので、ダイエットに効果がある。また様々な病気の予防・老化防止にも効果的」

1日の目安摂取量はチョコレート約50g(板チョコ1枚の半分が目安)
カカオ70%ののチョコレートがお奨め

だそうです。

さらにダイエットだけでなく、茨城基督教大学教授の板倉弘重という方によると・・

チョコレートはワインの数倍の量のポリフェノールを含む。
カカオマスポリフェノールには強い抗酸化力があり活性酸素を抑えてくれる。

また、花粉症の炎症の緩和をしたり、虫歯菌や胃潰瘍のもとになるピロル菌を殺してくれる・・など「健康食品チョコレート」と紹介されています。

毎日新聞(1月29日)より

と言うことで、健康面でも良さそうですね。その他、食前に食べて血糖値を上げて満腹感を得る、というような方法もあるようです。

私もチョコレートは好きな方ですけどね。ダイエット中に間食するならチョコレートがいいかも?と思えて来ました。

 

チョコレートダイエットの成功率は?

ただ実際にチョコレートダイエットにチャレンジした場合、成功率はどれくらいなんでしょうね。

もちろんチョコレートだけでなく、その他の食生活も大事ですし運動するかしないかでも全然違って来ます。ですので成功率と言っても何とも言えない面はあります。

ただ上でも紹介しましたが、

1日の目安摂取量はチョコレート約50g(板チョコ1枚の半分が目安)
カカオ70%ののチョコレートがお奨め

と言う点を守ることが必要ですよね。食べすぎてしまっては逆効果です。

ということでチョコレートが好きな方がこの方法にチャレンジしても結果はいまいちかも知れません。まずは他のダイエットにチャレンジしながら間食にチョコレートを食べると言った感じの方がいいと思います。

それと我々おっさんにもあまり向かないような気がしますけどね。あとホンマでっかTVで紹介された調査結果のように、長期間チョコレートを食べ続けると良いかも知れませんね。

 

まとめ

今回はチョコレートダイエット方法を取り上げてみました!

ホンマでっかTVでも紹介されたように、イメージと違ってかなり健康面でも良さそうですね。

しかし個人的にはチョコレートを食べ続けるだけで劇的な結果を出すのは難しいと思いますけどね。

でもダイエット中の間食には良いと思います。ですのでまずはダイエット中の間食としてチョコレートを食べてみると良いかも知れません。

また食前に食べれば空腹感も紛れるかも知れないですからね!

ただ我々のような中高年のおっさんにはどうでしょうか?個人的にはどうかなと思いますが、気になる方はチャレンジしても良いかも良いと思いますよ。