ヨガはメタボ解消にもおすすめ?種類もいろいろ&効果的なエクササイズ!

2018年8月7日

ヨガはご存知の通り、インドで何千年も前から伝わる修行&健康法です。

元々は宗教的な修行の一環として行われて来たようですね。それが近代になって、宗教色を廃したエクササイズとして発展しました。

日本でももう何年も前からヨガは健康法やダイエット法として定着していますよね。フィットネスクラブなどでもヨガのコースがある所も多いですし、ヨガ専門のスタジオやジムもあります。

きちんと取り組めば効果が体感出来るからでしょうね。それと当然ながらメタボ解消にも役立つはずです。

そこで今回はヨガとその種類、メタボ解消におすすめなのかどうかについて検討してみたいと思います!

ヨガ

 

ヨガでダイエット&エクササイズ

ヨガによるダイエット&エクササイズの良いところは、体力に自信の無い人や運動が苦手な人でも気軽に始められる事です。

エクササイズや一般的なスポーツと異なり、ヨガは動きがゆるやかで、動きを覚えれば実践しやすいという長所があります。運動が得意不得意など関係なく、実践できるのがメリットです。

ですがヨガポーズは難しそうだなと思う方もいるかも知れません。またヨガでは呼吸法も重要な要素ですが、これも一見難しいそうですよね。でも最初のうちは、お手本どおりのポーズや呼吸法ができなくても問題ないと思います。少しずつ体を慣らしていって出来るようになればOKです。

また最近では自宅でヨガをするためDVDもいろいろなものが販売されています。そういったものを参考すれば、自分1人でも実行出来ますよね。

もちろん本格的にやるならヨガスタジオなどに行って、インストラクターに始動してもらった方が良いと思いますが。

 

ヨガの種類~パワーヨガ&ホットヨガ

また最近はヨガを発展させた健康・ダイエット方法がいろいろありますよね。

その中の1つにパワーヨガがあります。これは1990年代後半にアメリカでヨガを改良して作られたものです。古典的なヨガと比べて運動量が多いのでダイエット効果も高いようです。

ハリウッドの女優さんなどにも愛好者は多いですね。ヨガマット分のスペースがあれば出来るので手軽に出来る運動法だと思います。

また最近ではパワーヨガのジムなども多数出来ていますね。本格的に取り組むのであればそういう所に通う方がいいと思います。

 

それからホットヨガと言うものもあります。

これは文字通り、35度~39度くらいに設定された室内でヨガをします。当然ながら暖かい室内で行うため汗もたくさんかきます。

そういったことがダイエット効果が高いとされているようですね。ただこれには否定的な考えがあるのも事実ですが。

 

その他、水中ヨガもありますね。アクアヨガとも言いますが、文字通りプールの中で行うヨガです。タレントの黒柳徹子さんも愛好者だとか。

確かに水中ですから水の抵抗もありますし、浮くのでよりポーズが取りやすいかも知れませんね。

 

これからもいろいろなヨガが考案されるかも知れませんね。

 

おっさんのメタボ解消にも効果的か?

日本でもヨガの人口はかなり多いと思います。でもその多くは女性ですよね。

おっさんがヨガに夢中になっているのはあまり聞いたことがありません。でも体への負担とか考えたら我々中高年のおっさんにも向くんじゃないですかね。

最もヨガは私もまだ体験したことがないので何とも言えないですが、呼吸法もありますしメタボ解消にも効果的だと思いますけどね。

 

それから片岡鶴太郎さんがヨガに本格的に取り組んでいるそうですね。

鶴太郎さんと言えば、わしらおっさん世代だとモノマネ&お笑い芸人です。あと役者としても活躍されていますよね。でも最近の若い方だとどうでしょうか。絵を描いたりする芸術家としてのイメージが強いかも知れません。

また以前は本格的にボクシングにも取り組まれていましたよね。いずれにせよ多彩な才能の持ち主ですね。わしのような浅学菲才の身からすると羨ましい限りです。

で、そんな多才な鶴太郎さんの現在の最大の関心事はヨガだそうです。

1日4時間も取り組んでおられるそうですからね。おかげで離婚までされたとか。そこまでのめり込むのが良いのかとなると何とも言えないですね。

それに体重も20キロぐらい減って43キロしかないそうです。さすがにここまで来るとメタボ解消とか言うレベルではないですよね。

少し痩せすぎだと思いますが、健康面では問題ないのでしょうか。

 

最後に・・

今回はダイエット&メタボ解消のためのエクササイズとしてのヨガヨガから派生したパワーヨガ、ホットヨガについてまとめてみました。

事実、ヨガは真剣に取り組めば、われわれのようなおっさんのメタボ解消にもおすすめでしょうね。

特に呼吸法が効果的ではないかと個人的には思います。私も機会があったらチャレンジしてみたいです。