踏み台昇降運動の効果と高齢者向き?スローステップ運動のやり方!

2018年7月6日

踏み台昇降運動ってありますよね。

私たち中高年のおっさんなら中学生、高校生の時の身体測定の時などにやった経験があるはずです。ですのでご同輩の方ならご存知だと思いますが、若い方だとどうなんでしょうか?

それと踏み台昇降運動でダイエットと聞くとピンとこない方もいるかも知れません。でもバカには出来ないと思いますよ!

家の中でも出来る、手軽な有酸素運動とも言えるのが踏み台昇降運動ではないでしょうか。また踏み台昇降から派生したスローステップ運動と言う方法もありますが、こちらも我々中高年~高齢者の方には向くでしょうね。

そこで今回は踏み台昇降運動、それからスローステップ運動の効果的なやり方について考えてみたいと思います!

Step

 

踏み台昇降運動のメリットとやり方!

まず踏み台昇降運動のメリットですが、やはり手軽で簡単と言う点ですね。

ほんの少しのスペースと何か踏み台があれば出来ますからね。その台もちょっとした台があればそれでいいですし、もしなければ雑誌などで代用も出来ます。

またこの際奮発して踏み台昇降運動のための専用の台を購入するのもいいかも知れません。安いものなら2000円前後からからありますからね。中には1万円ぐらいするものもありますが。

それから踏み台昇降運動をのやり方についてです。

まずやる時間帯ですが、出来れば朝食の前がベストでしょうが基本的に何時でもいいと思います。ただ食後は避けた方がいいかも知れません。

次に何分やれば良いかですが、有酸素運動ですから最低20分~だと思います。ただ5分とかでもやらないよりはやった方がいいと思います。最近の研究結果では短い時間の有酸素運動でも脂肪燃焼効果があるとも言われていますからね。

それとテレビを見ながらとか音楽を聴きながらとかでも出来るのもメリットですよね。20分以上といってもテレビを見ながらならそんなに気にならないのではないでしょうか。

それにジョギングやウォーキングなどはわざわざ外まで行くのが面倒に思うこともあると思います。暑いとか寒いとか雨が降っているとか天候にも左右されますしね。また深夜とかは女性には危険ですからね。

あとジョギングやウォーキングでは人の目が気になるという方もいるかも知れません。そんな方には踏み台昇降運動がおすすめですよね。

もちろんジョギングとかに比べれば消費カロリーは少し少ないかも知れませんが、真面目に続けていけば結果も出ると思います。

もっとメジャーになってもいいような気がしますけどね。

 

スローステップ運動とは?高齢者向き?

スローステップ運動は、NHKの番組「ためしてがってん」で紹介されていた方法で、踏み台昇降運動の1種です。1種というかやり方はほぼ同じです。

スローステップ運動が普通の踏み台昇降運動と違う点は、その名の通りスローなペースで行う点です。大体1分間に80回ぐらいのペースだそうです。それと足を交互に出すこと、1回10分を1日に2~3回やるのがベストとのことです。まあ足を交互に出すのは当然ですけどね。

しかし1日に合計で20分~30ぐらいでしたらその気になれば、そんなに難しくもないですよね。ただ時間がない方であれば、2~3回に分けずに20分ぐらい連続してやってもいいと思います。ちなみに台の高さは20センチぐらいが良いそうです。

スロージョギングというジョギングのやり方がありますが、それと同じくゆっくりとしたペースでやることにより体に負担がかからない点がメリットです。

また効果も普通に踏み台昇降運動を行うよりも上なのだとか。この点については個人的にはそんなに違うのかな?と言う気もしますけどね。

とは言えスローなペースで行うため踏み台昇降運動よりも高齢者向きかも知れませんね。

 

まとめ

今回は踏み台昇降運動スローステップ運動のを取り上げてみました!

どちらも家の中で出来る運動ですよね。器具も専用の台でなくても他の何かで代用出来ますしね。手軽さという面から考えてもおすすめだと思います。

それに体への負担を考えたら我々中高年から高齢者の方にはピッタリな運動・エクササイズかも知れませんね。