全国のメタボ腹の諸君!腹を出している場合ではありませんぞ。共に20年前の体重を取り戻そうではありませんか!

股関節を柔らかくするメリットは?下半身痩せにもプラスに!

最近、股関節が注目を集めています。

テレビで特集されたり雑誌の記事などでもよく目にするようになりました。

またスポーツの世界でも股関節は重要視されているようですね。

股関節の柔軟性が選手寿命にも関わってくるとも言われています。

確かにひと昔前と比べると、スポーツ選手の選手寿命は延びましたからね。

もちろん股関節だけがその原因ではないでしょうけども。

それともちろん下半身ダイエットにも股関節は重要だと思います。

 

股関節の柔軟性が失われると・・

車社会の現代では昔に比べて歩くことが少なくなりましたよね。

便利になったのは良いことですが、歩くことが少なくなると股関節の柔軟性が失われてしまうとも言われています。

股関節の柔軟性が失われるとリンパの流れが悪くなります。

リンパの流れが悪くなれば、むくみやセルライトの原因になりますし、骨盤の歪み、代謝が下がって便秘などの原因にもなりますよね。

その結果、下腹が出たり下半身が痩せないなどのあまりうれしくない影響も出て来ます。

ですので下半身ダイエットのためには股関節にも注意を向けたいですね。

いろいろ頑張っても結果が出ないという方は、股関節が硬くなってしまっているかも知れません。

 

股関節を柔らかくするには?

と言うことでもし股関節が硬くなってしまっていたら、しっかりと対策をして股関節を柔らかくした方がいいです。

そのための方法としてはやはりストレッチだと思います。

最もストレッチにもいろいろあると思いますが、簡単な方法としては股割りがあります。

やり方は、

①つま先を外側に向けて肩幅より少しひらいて立つ
②そのままの背筋をまっすぐ伸ばしてひざが90度になるくらまで腰を落とす
この時にひざとつま先が同じ方向を向いているようにする

といった感じでこれを1日10回です。

10回くらいなら無理なく出来ますよね。

股割りはイチロー選手も取り入れていますよね。

イチロー選手がなかなか衰えないのも股割りのおかげという話もあります。

以前から50歳まで現役を続けると仰ってますがそれも可能かも知れません。

 

次に股関節に良い歩き方ですが、別にこれは難しくありません。

背筋を伸ばして大またでかかとから地面に着くように歩くと良いとのこと。

私も背筋を伸ばして歩くことは常日頃から心がけています。

それにただでさえ日本人は猫背の人が多いですからね。

猫背は見た目も良くありませんし、ダイエット的にもプラスにはなりません。

この歩き方を心がければ猫背対策にもなりますし、継続すればそれなりの変化が期待出来るのはずです。

ダイエット的にも間違いなくプラスになるはずですよ。

私も歩く時は気合を入れて、大股で歩こうと思います。

(参考)TBS系列「カラダのキモチ」

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 50代からのダイエット&メタボ対策 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.