全国のメタボ腹の諸君!腹を出している場合ではありませんぞ。共に20年前の体重を取り戻そうではありませんか!

下半身やせのためのエクササイズ

正しい歩き方

下半身やせ、足やせには普段から正しい歩き方を意識することも大事だと思います。

正しい歩き方といっても難しいことをするわけではありません。

私たちは別にモデルではないですからね。

かかとから着地するようにする、足の親指から蹴りだす、背筋をピンと伸ばす、あと大またで歩くことを心がけて下さい。

これだけのことを続けるだけでもエクササイズになると思います。

大またで歩けばインナーマッスルも鍛えられすからね。

ただ興味がある方は本格的なトレーニングやレッスンを受けてみるのもいいと思います。

きれいな歩き方を身につければ、それだけでスタイルも良く見えるはずです。

ダイエット効果ももちろん期待出来ますしね。

有名なのはデューク更家さんのメソッドですよね。

一時はかなりのブームにもなりました。

またデューク更家さん以外の歩き方についての本やDVDもたくさん出ていますし、スクールもありますからね。

予算に合わせてチャレンジするのも悪くないと思います。

振り子ストレッチ

私は健康オタクですので健康関連の雑誌もよく読みます。

特によく読むのが「日経ヘルス」という雑誌です。

その名の通り、日本経済新聞社の雑誌ですからそれなりに信頼性は高いのではないかと思っています。

先日も読んでいたら面白いストレッチが特集されていました。

振り子ストレッチといいますが、下半身やせに効果大だそうです。

私も実際にやってみましたが、簡単ですが結構効いている感じがしました。

これならコツコツと続ければ下半身やせに効果的だと思います。

それで気になるやり方ですが、

・壁や柱などにつかまって片足で立つ。
・もう片方の足を前後に振り子のように振る×30回。
・次に左右に振る×30回。
・終わったら別の足で同じことをする。

これを1日3セットです。

この時力を入れる必要はありません。

それほどきついとも感じないと思いますし、カンタンですから無理なく続けられると思いますよ。

下半身やせのためのエクササイズ、ストレッチを探している方にはおすすめさせて頂きます。

是非一度やってみて下さい。

お尻歩き

お尻歩きは下半身ダイエットのためにエクササイズとして定番と言えるかも知れませんね。

骨盤矯正にもなりますし、腸を刺激するので便通にもいいはずです。

また腹筋やインナーマッスルを鍛えることも出来ます。

ヒップアップや小尻効果も期待出来るのではないでしょうか。

ということで女性の方にはおすすめのエクササイズだと思います。

それでお尻歩きのやり方ですが、一般的なやり方は床にお尻をつけて足を伸ばし、つま先も開かずにひざもつけた状態で歩きます。

背筋も伸ばした状態の方がいいです。

やって見ると結構な運動になりますね。

いかにも効果がありそうな感じがします。

と言ってもそれほどハードでもないと思います。

テレビを見ながらとかでいいので取り入れてみてはいかがでしょうか。

ヒップアップのためのエクササイズ

スッキリとした下半身になるにはお尻も引き締まっていないとダメですよね。

またお尻が1cmヒップアップすると足が3cmぐらい長く見えるという話もあります。

確かにお尻が垂れ下がっていては実際より足が短く見えてしまうのも当然だと思います。

まあ実際には同じなんですが、やはり見た目の印象も重要だと思います。

ですのでダイエッターならヒップアップして引き締まった美尻を目指して頂きたいと思います。

それでヒップアップのための方法ですが、専用のショーツやパンツ、ガードルなどの補正下着がありますよね。

それらを利用するのも1つの方法だと思います。

でもやはり中心になるのはエクササイズや筋トレです。

そのために重要なのはハムストリングスです。

ハムストリングスとは太ももの裏側の部分のお尻を持ち上げる筋肉のことです。

この筋肉が衰えるとお尻が垂れ下がってきてしまいます。

ですので非常に重要な筋肉とも言えますよね。

しかし、普段の生活ではほとんど鍛えられることはありません。

というかほとどん負荷はかかっていないと思います。

ですので意識して鍛える必要があると思います。

逆に考えれば普段あまり使っていない分だけ鍛えれば効果的ということですよね。

そしてこの筋肉を鍛えることがヒップアップには欠かせないと思います。

ただ少々鍛えにくいのが難点です。

それでハムストリングスの鍛え方ですが、簡単な方法としてはつま先立ちがあります。

その他では「あるある大辞典」で紹介されましたグッドモーニングエクササイズという方法があります。

それでこのエクササイズのやり方ですが、まずは、胸の前で腕を組み足を肩幅程度に広げます。

そして軽くひざを曲げたまま 股関節を軸に、ゆっくりと上体を倒します。

この時、背筋はまっすぐ伸ばすのがポイントです。

そしてひざを伸ばしながら、上半身をゆっくり起こします。

腰痛気味の人は、片足を一歩前に出すと腰への負担が軽くなります。

10回を1セットで1日3セットが基本です。

また定番としては、四つんばいになって足を交互に上げるというエクササイズがありますね。

その他では足を肩幅の1.5~2倍ぐらいに開いて行うワイドスタンススクワットも良いと思います。

ワイドスタンススクワットは太ももの内側の内転筋も鍛えられるので太ももを細くしたい方にも向くと思います。

ただ行う場合には最初は少しづつ、ゆっくりとやって下さい。

早く結果が欲しいのは分かりますが、筋トレ系のエクササイズでは焦って頑張ってもそれほど結果は変わらないと思います。

最初からある程度の期間を費やすつもりで計画的に取り組むことが大事だと思います。

下腹が気になる方は

下半身やせといっても足が気になる方、下腹が気になる方、お尻が気になる方などいろいろです。

でも年齢的に25歳以上の方だと下腹が気になる方が増えてくるようですね。

下腹が出る原因にもいろいろあると思います。

便秘も大きな原因ですよね。

便秘で腸の動きが悪くなると腸全体が垂れ下がってきたりします。

そうすれば下腹が出るのも当然ですよね。

またそれに伴い基礎代謝も悪くなってしまいます。

それから胃下垂も胃が下がるので腸を圧迫し結果として下腹が出る原因になります。

その他にも腹筋、大腰筋の衰え、骨盤のゆがみなども原因になると思います。

ではどうやって対策するかですが、下腹が出るのを解消するには腹筋を鍛えるのが一番だと思います。

ただ腹筋もやれば効果があるのは理解出来ても正直きついなあと思う方もいると思います。

そこでカンタンな方法としてお腹をこまめに引っ込める、というエクササイズを紹介します。

これはかつて放送されていた健康情報系のテレビ番組の「スパスパ人間学」でも「腹横筋ダイエット」として紹介していました。

毎日続ければ効果あると思います。

それからお腹を時計回りに大腸に沿ってマッサージするのもいいです。

これだけでも基礎代謝が上がってくると思います。

カンタンですから試してみて下さいネ。

(Visited 1 times, 1 visits today)

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 50代からのダイエット&メタボ対策 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.