全国のメタボ腹の諸君!腹を出している場合ではありませんぞ。共に20年前の体重を取り戻そうではありませんか!

胃を小さくするには

ダイエッターなら誰でも胃を小さくしたいと一度は思うのではないでしょうか。

胃が小さくなれば少ない食事の量で満足出来るようになるはずですからね。

もちろん健康や美容面で問題があるくらい小食になってしまっては良くないですけどね。

でも実際に胃を小さくすることは可能なのでしょうか?

ある雑誌には、腹7分目くらいの食事を続けても半年くらいかかると書いてありました。

腹八分目よりもう少しだけ減らさないとダメのようです。

実際に半年かかるかどうかは別として、やはり簡単にはいかないようですね。

この点から見ても、ダイエットに一番大事なことは続けることだと思います。

あと腹7分目にするだけではなくて、ゆっくり食べるとかよく噛んで食べることも必要だと思います。

まあこれはダイエッターなら必須なんですけどね。

あとプチ断食、ファスティングもいいかも知れません。

私がやってみた経験から少しは胃が小さくなるような気がします。

もちろんその後が重要で元の食事量に戻せば胃も元に戻ると思いますが。

それとやはり1度では難しいと思います。

何度もやる必要がありますが、と言ってもファスティングを月に何回も出来ないですけどね。

胃を小さくする手術

それから外科手術で胃を切除したりする方法もありますよね。

でもこれは一般的ではないですし、とてもおすすめ出来ません。

費用もかなり高額だそうですし、何よりも手術を受けようと思ってもやってくれる病院が日本にあるのでしょうか。

もちろんあるとは思いますが、その場合にはかなりの肥満でないとだめだと思います。

美容目的では門前払いでしょうね。

最も体に傷もついてしまいますし、まさか美容目的でこういった手術をする人もいないと思いますが、それなりにリスクもあると思います。

 

元大関のKONISHIKIさんも胃のバイバス手術をされているそうです。

その結果、300キロから180キロまで120キロもの大幅な減量に成功されたそうです。

引退後は中々体重が減らず、深刻な肥満に悩んでおられたようですねが、今回は胃のバイバス手術をしたことでこれだけの減量出来たとのこと。

今では胃がゴルフボールぐらいの大きさだそうです。

そこまで小さくなれば大食いしたくても出来ないですよね。

でも失礼ながらそれだけやってもまだ180キロもあるのかと思ってしまいました。

ただ胃のバイバスを手術すれば後は自然に痩せていくというような単純な話ではないようです。

手術後には水も飲めなくなるなどかなり苦しい思いをしなければならないみたいですね。

病的な肥満対策だとしてもあまり一般的になって欲しくないものです。

やはり極度の肥満になる前に正しく健康的なダイエットをした方がいいですからね。

その他の方法~結論

他では胃を小さくするツボとか運動もあると聞きますが、果たしてどうでしょうか。

個人的には運動とかでは難しいような気がします。

結論としては、地道にコツコツと腹7分目の食事を続けていくのが一番だと思います。

そうすれば仮に胃が小さくならなかったとしてもダイエット出来るはずですからね。

(Visited 1 times, 1 visits today)

ダイエット関連情報

ダイエット関連情報

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 50代からのダイエット&メタボ対策 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.