全国のメタボ腹の諸君!腹を出している場合ではありませんぞ。共に20年前の体重を取り戻そうではありませんか!

ダイエットサプリによく使用される成分

ダイエットサプリによく使用されている成分をまとめてみました。

やはりテレビ番組などで取り上げられたことがある成分が多いですね。

その時にはかなりのブームになりましたので、記憶している方もいらっしゃると思います。

ただ今ではこれらの成分は定番と言ってもいいですよね。

コエンザイムQ10 

ダイエッターならコエンザイムQ10と言う名前を聞いたことがある方は多いと思います。

今では一般的になりましたね。

アメリカではかなり以前から愛用されてきたようです。

と言ってもどんなものなのかはっきりと理解している方は少ないと思います。

コエンザイムQ10はビタミンB群と体の中にある酵素をつくる働きをサポートしてくれます。

ダイエットだけでなく、アンチエイジングなどいろいろな面での効果が期待できます。

ただ適度な運動と正しい食生活が前提であることは言うまでもありません。

それから摂取するのは空腹の時ではなくて、食後の方がいいと思います。

L-カルニチンやαリボ酸などとも一緒にとるのもいいと思います。

L-カルニチン

代表的な成分ですね。

脂肪の燃焼をサポートするということで、テレビ番組などでも紹介されて一時期ちょっとしたブームになりました。

このL-カルニチンは元々は医薬品として使われていた成分です。

今では健康食品としていろいろなサプリメントに使われています。

筋肉を使うことを助ける働きがあるので運動する前にL-カルニチンを摂取すると効果的です。

それとL-カルニチンが正しく働くためにはコエンザイムQ10も必要です。

コエンザイムQ10で土台を作った上で、L-カルニチンを摂取して運動するとそれぞれの効果が期待出来ます。

ただ飲むだけではそれほどの効果は期待できないと思います。

運動と組み合わせて脂肪の燃焼をサポートします。

Lカルニチンも年齢とともにどんどん少なくなって行きます。

特に女性に不足しがちな栄養素ですのでダイエット中にも摂取することもいいと思います。

αリボ酸

この成分もダイエッターに人気の成分です。

脂肪燃焼やアンチエイジング、デトックスなどが期待出来ます。

年齢とともにαリボ酸も少なくなってしまうので、体内の老廃物の排出の効率が悪くなります。

ですのでサプリメントで不足分を取るといいと思います。

効率よく取るには朝と夜の2回に分けて飲むといいそうです。

あと運動する20分くらい前に飲むのもいいそうですよ。

それとコエンザイムQ10L-カルニチンと一緒に飲むと相乗効果が期待できます。

ただダイエット目的の場合は過度な期待はしないであくまで運動と組み合わせて始めて効果が期待できると思います。

追記 2010/4/16
本日αリポ酸で低血糖症を引き起こす可能性があるという報道がありました。

1部の特定の白血球の型を日本人の約8%が持っているそうですが、その白血球を持っている型に起きているようです。

αリポ酸も歴史がある成分ですから極度に心配する必要はないかも知れませんが、今飲んでいる方、これから飲むという方は気をつけた方がいいと思います。

共役リノール酸

この成分はあまり一般的ではないかも知れませんが、ひまわりの種である紅花に含まれています。

紅花油とも言われていますね。

最近はサプリメントでも使用されています。

油には不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸の2種類があります。

飽和脂肪酸の方はコレステロールや中性脂肪が増える原因になりますが、不飽和脂肪酸は逆に血の流れを改善する働きがあります。

また高血圧対策や中性脂肪を減らす作用も期待できます。

共役リノール酸は不飽和脂肪酸です。

良い方の油ということですね。

脂肪を燃焼させる作用があるので有酸素運動とあわせると一段とその効果が期待できます。

食事の15~30分くらい前や運動の30分くらい前に飲むといいそうです。

その他のダイエット成分

その他のダイエットに良い成分を一覧にしてみました。

やはりテレビなどで、一度は話題になった成分が多いですね。

 

オオバコ オオバコにはいろいろな成分が含まれれいますが、中でもサイリウムという成分がダイエットに良いとされています。

サイリウムインドオオバコの種皮に含まれる繊維質です。

サイリウムの特徴は水溶性繊維質不溶性繊維質の両方の性質を備えていることです。

優れた繊維質と言えるかも知れません。

サイリウムは以前から整腸効果に優れていることや、水で膨らむといった性質があることからダイエットサプリダイエット食品の成分として使用されてきました。

現在も数多くの商品が販売されています。

ですのでそういうサプリメントなどの中から何か商品を選んでオオバコを取るのも悪くはないと思います。

 

カテキン ポリフェノールの1種であるカテキンには脂肪燃焼や脂肪を吸収しにくくするなどの効果があるとされています。

その他にも代謝アップにも繋がるようです。

カテキンは緑茶に多く含まれていますが、一時ブームになりましたね。

もちろんお茶を飲むだけではそれほど痩せることはないでしょう。

でもダイエット中には水分補給は必須です。

そのためにお茶を利用するのもいいと思います。

ただその場合には、家で自分で入れたお茶の方がいいですよ。

 

ガラナ ガラナはアマゾン川流域が原産の植物です。

昔から飲料やサプリメントにもよく使われています。

疲労回復や強壮作用、代謝アップや食欲抑制効果もあるとされています。

代謝アップや食欲抑制効果が期待出来るのであれば、ダイエットサプリに使用されるのも当然ですよね。

ただ正直な話、どの程度そういった効果があるのか分かりませんが。

私も昔、ガラナを飲んでいたことがあります。

確かに強壮作用や元気になったとは思いましたけどね。

ただ気のせいと言ってしまえばそうだったかも知れません。

いずにれにしてもガラナを健康のために飲むのはいいとは思っていますが、ダイエット効果を期待するなら運動組み合わせないと難しいと思います。

 

ギムネマ ギムネマはインド原産の薬草です。

正式名はギムネマ・シルベスタといいまして、お茶やサプリメントなどにもよく使用されていますね。

ギムネマの成分のギムネマ酸には小腸からの脂肪分の吸収を抑制したり、血糖値の上昇を抑える作用があります。

ですので昔から糖尿病の予防などにも使われていますし、ダイエットに良い成分として使われて来たのだと思います。

あとこの成分には甘味を感じなくする働きがあります。

ということは甘いものと一緒にギムネマ茶を飲むといいかも知れません。

甘いものを食べる量が減る?かも知れないですよね。

 

ビール酵母 ビール酵母はビールを作る時に使用されますが、たんぱく質、必須アミノ酸、食物繊維などの成分も豊富に含まれています。

ですのでサプリメント健康食品としてもよく使われています。

また胃の中に入ると膨らむ性質もあるようです。

この性質があるためダイエット食品としても使用されて来ました。

また運動と組みあわせれば代謝アップの効果も期待できると思います。

あとヨーグルトとの組み合わせもいいみたいですね。

私個人もビール酵母サプリメントを栄養補給のために愛用しています。

ただ正直な話、直接のダイエット効果は特に感じません。

でも筋肉をキープするには役立っているように思います。

ですので代謝アップにはプラスになっていると思いますけどね。

ということで一応、個人的にオススメのサプリメントです。

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 50代からのダイエット&メタボ対策 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.