全国のメタボ腹の諸君!腹を出している場合ではありませんぞ。共に20年前の体重を取り戻そうではありませんか!

有酸素運動と無酸素運動の違い

運動には有酸素運動無酸素運動があります。

有酸素運動は酸素を取り入れながら行う運動で、ジョギング、サイクリング、水泳、ウォーキングなど継続的で比較的弱い力が筋肉にかかり続ける運動です。

有酸素運動をする場合には、呼吸が苦しくならない程度が目安です。

息が切れてしまうほどのきつい運動は継続することができませんし、それは無酸素運動になります。

それと体を動かすときには、普段より弾んだ深い呼吸で、十分に酸素を体内に取り入れるように心がけて下さい。

 

有酸素運動について

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動です。

これはエネルギー源として体中に溜めてある体脂肪を燃焼させて使うからです。

以前は20分以上続けないとで脂肪燃焼が効果的に起きないと言われていました。

でも最近では5分や10分程度の有酸素運動でも脂肪燃焼効果が確認されたそうです。

それと朝10分、昼10分、夜10分というような感じで1日トータルで20分以上になれば効果はあるそうです。

理想としては20分以上毎日有酸素運動をするのがいいと思いますが、20分以内の有酸素運動でもやらないよりはやった方がいいです。

さらに有酸素運動にはダイエットだけでなく、心肺機能の強化や血圧の低下、筋力増強効果などが期待出来ます。

健康のためにもおすすめですね。

それと有酸素運動はウォーキングを筆頭にやろうと思えば誰にでもできる簡単な運動ですよね。

それも良い点だと思います。

ただ継続して行うことができるかどうかがダイエットに成功するためのポイントです。

 

無酸素運動について

無酸素運動は短距離走や筋トレなどです。

ただ筋トレでも軽い負荷で長時間行うような場合は有酸素運動と言えると思います。

無酸素運動基礎代謝がアップする効果があります。

基礎代謝がアップすれば痩せやすく太り難い体質になりますからね。

ということでダイエットに成功するために理想的なのはどちらもやることです。

ただ個人的には男性なら無酸素運動、女性なら有酸素運動を優先した方がいいような気がします。

でもどちらにしても出来る範囲でいいので続けていくことが大事だと思います。

あと有酸素運動は1人、無酸素運動は何人かで行った方が効率が良いとのことです。

筋トレなど無酸素運動は励ますというかライバルみたいな人と一緒にやった方が良いのはわかりますが、有酸素運動が1人の方が効率的というのはちょっと意外なような感じもしますね。

まあどちらにしても自分にとってやりやすければ、それがベストだと思います。

(Visited 1 times, 1 visits today)

ダイエット基礎講座

ダイエット基礎講座

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 50代からのダイエット&メタボ対策 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.