全国のメタボ腹の諸君!腹を出している場合ではありませんぞ。共に20年前の体重を取り戻そうではありませんか!

野菜で便秘解消

●ゴボウ

ゴボウは食物繊維の多い野菜の代表ですね。
ゴボウの食物繊維は不溶性の食物繊維が多いです。
水に溶けないので便の量を増やし、腸壁を刺激してぜん動運動を活発にしてくれます。
毎日無理なく食べるようにするといいと思います。

●サツマイモ

サツマイモも昔から便秘にいい食べ物と言われていますね。
食物繊維を多く含むだけでなく、皮の内側に含まれるヤラピンという成分には穏やかな下剤作用があるそうです。
この成分は加熱してもなくなりませんし、加熱すると増える難消化性でんぷんが腸内で善玉菌を増やしてくれます。
ですので皮付きで加熱して食べるといいと思います。

●アロエ

昔から体にい食べものとして知られているアロエですが、便秘にもオススメです。
アロエに含まれるアセマンナンという成分が消化されずに腸まで届き、水分を吸収するからです。
このアセマンナンは善玉菌のエサにもなります。
ですのでヨーグルトと一緒にとると効果的だそうです。

●オクラ

オクラはアフリカ北東部原産で、ハイビスカスのようなきれいな花が咲くそうです。
オクラというとネバネバが思い浮かびますが、ネバネバするのは水溶性食物繊維、ペクチンやガラクタンを多く含んでいるからです。
ですので便秘解消にも効果的だと思います。
またガラクタンには脳細胞を活性化して免疫力を高める効果があるとされています。

●大根

大根も比較的繊維質が豊富な野菜です。
また消化にもいい成分が含まれています。
大根の葉の部分もビタミンCなどが豊富ですから葉も食べるといいと思います。
それから切干大根もおススメです。
生の大根の数倍のミネラル、カルシウム、食物繊維が含まれているそうです。
便秘対策には切干大根の方がいいかも知れませんね。

●レンコン

レンコンも食感からも分かると思いますが、比較的繊維質が豊富です。
またネバネバの元の成分のムチンには消化を助ける働きがあり、ビタミンCなどもたくさん含んでいます。
お肌にもいいので便秘だけでなく美容にもいい野菜ですね。
※レンコン100g中に含まれる食物繊維は2.0gです。

●かぼちゃ

かぼちゃは体の中でビタミンAに変わるベータカロチン、ビタミンE、ビタミンC、食物繊維を多く含んでいます。
これだけも積極的に取りたい野菜ですね。
特にビタミンEの量は野菜の中でもトップクラスだそうです。
※かぼちゃ100g中に含まれる食物繊維は3.5gです。

●さといも

いも類は基本的にどれもおススメだと思いますが、さといもも食物繊維が豊富です。
さつまいもと比べても少し少ないぐらいです。
またさといもはネバネバしていますが、これはムチンという成分です。
このムチンは胃の粘膜を保護したり腸が活発に働かせる作用があるそうです。
いも類の中では低カロリーな点もいいですね。
※さといも100g中に含まれる食物繊維は2.2gです。

●とうもろこし

とうもろこしは100gで約2gの食物性を含んでいます。
食物繊維が豊富な野菜と言えると思います。
大体1本食べれば4gぐらいの食物繊維を取ることが出来ます。
ただ炭水化物ですからカロリーは低カロリーとは言えないと思います。
ダイエットも考えるなら他の食事との組み合わせを考えてカロリーを取り過ぎないようにするといいと思います。

●ヤーコン

ヤーコンは日本では野菜としては一般的ではないかも知れません。
しかし便秘にはかなり良さそうですね。
なぜならデンプンの代わりにフラクトオリゴ糖を大量に含んでいるからです。
その結果、抜群の整腸作用があるそうです。
その他ミネラルや食物繊維も豊富です。
味も少し渋みがあるようですが、便秘のために取りたい野菜ですね。

(Visited 2 times, 1 visits today)

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 50代からのダイエット&メタボ対策 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.