全国のメタボ腹の諸君!腹を出している場合ではありませんぞ。共に20年前の体重を取り戻そうではありませんか!

便秘解消法は何がおすすめ?一般的な方法から少し変わった方法まで

まずは一般的でおすすめの便秘解消法を上げてみました。

・繊維質を多く取る 生野菜より温野菜の方がいいようです。

・規則正しい食生活、食事を心がける 特に朝食をしっかり食べる。

・適度な運動をする ウオーキング、腹筋などもお奨め。

・水を朝起きてすぐ1杯飲む 1日に2リットルくらい飲むといいようです。
・腸に沿ってマッサージをする これも定番ですね。

・便意を我慢しない 出なくてもとりあえず決まった時間にトイレに入る。

ただ実行しようと思うと難しい面もあると思います。

例えば水を2リットルといっても最初は大変かもしれません。

でも慣れれば2リットルぐらいなら無理なく飲めるようになります。

ですので少しづつでも出来ること、続けられることからやっていくしかないですね。

何事もそうですが、便秘対策も『継続は力なり』です。

変わった便秘解消法

少し変わった便秘解消法を探してみました。

実行する上ではよりいっそう自己責任においてやって下さいね。

・寝る前にキシリトールガムをまとめて5枚噛む なんかのテレビ番組でやってたそうです。

・カイロをお腹にはる 確かにお腹を温めるのはいいかもしれないですね。

・腹式呼吸を心がける 女性は胸式が多いですからね。腹式呼吸を心がければ腸のぜん動運動を助けるかも。

・キムチを毎日食べる キムチに入っている唐辛子(カプサイシン)、乳酸菌がいいそうです。

・お酒を飲む 熱燗を適度に。冷たいビールなどは逆効果。それはその通りですね。

・笑う 毎日笑うとお腹が動くので便秘にいい。

・よく噛んで食べる 30回から50回噛んで食べていれば自然とよくなるそうです。ダイエット的には定番の方法ですね。

・音楽療法 何と便秘がよくなる音楽があるそうです。重症の便秘患者に食前と就寝前にモーツァルトの「メヌエット」、ショパンの「 マズルカ舞曲」、シュトラウスの「ウィーンの森の物語」を聞かせたら3日目から 便通があったそうです。その他にもドボルザークの「ユーモレスク」、チャイコフスキーの「白鳥の湖」 なども効果があるそうです。

・本屋へ行く 本屋へ行くとトイレに行きたくなる方も多いのではないでしょうか?実際にそのような研究結果も発表されていますね。

・ビタミンCを取る サプリなどでビタミンCを一度にたくさんとると便が軟らかくなる作用があるそうです。

・肛門シャワー シャワー付トイレで温水シャワーを肛門にあてることが刺激になって排便を促すとのこと。

・逆立ち 逆立ちすると内臓が正しい位置に戻り、それが便秘解消にもプラスに働くとのことです。

お茶で便秘解消

お通じが気になる方のためのお茶もいろいろなものがありますね。

もちろん普通のお茶ではなく、いろいろなハーブのお茶が中心です。

有名な成分としてはジュアール(アフリカつばき)とかプーアール、サラシアなどですね。

これらのハーブ単品のお茶もありますが、数種類のハーブをブレンドしたお茶も多いですよね。

メーカーさんによりいろいろな工夫はされていると思います。

そういったものの中から自分に合うお茶を探してみるのも良いと思います。

ただ正直な所、個人差は大きいと思います。

当方の経験からも、人によって合う合わないが大きかったです。

最もサプリメントでも何でもそういったことはありますけどね。

しかしだからこそ、自分に合うものを探す努力も必要だと思います。

それとリピーターさんがたくさんいる(と思われる)とかロングセラーの実績のあるお茶であれば、それなりに期待していいと思います。

今の時代はネットがありますから比較的多くの方がリピートしているかどうかも調べれば分かりますからね。

そういうお茶であれば、一度試してみる価値は高いのではないでしょうか。

下剤がダメな理由

下剤を常用するとなぜいけないのでしょうか?

下剤は取り合えず大腸の中から便を出すのが目的です。

つまり私たちの腸にとっては刺激物です。

不快な刺激物が与えられた腸は、その物質をできるだけ早く体内に出そうとします。

その時に同時に便も排出されるのです。

だから排便能力を元に戻し、腸を正常な状態にすには全然役に立ちません。

それだけではなく、下剤の一部はリンパ管と血管に吸い上げられて体のいろいろな部分に運ばれていきます。

そのような状態が続くとその人は一種の中毒状態になってしまうとも言われていますよね。

そうなってしまうと下剤を使用しないと排泄出来なくなり、自然な排泄能力がなくなってしまうともいいます。

ですからなるべくなら下剤は使用しない方がいいのです。

もしこのような状態になってしまったら、少しづつ下剤の量を減らして食事など普段の生活からゆっくりと改善していくしかありません。

下剤を使用するのであれば、どうしても出ないという時だけにした方がいいと思いますよ。

(Visited 4 times, 1 visits today)

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 50代からのダイエット&メタボ対策 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.