サプリメントは今では我々の生活の中に、すっかり定着したと言う感じですね。

ひと昔前はそもそもサプリメントと言う言葉すら一般的ではありませんでした。

普通に健康食品と言っていましたが、これまたひと昔前は健康食品=うさんくさいものというイメージがあったように思います。

でも今は大手の会社でもサプリメントの製造や販売をしていますからね。

うさいんくさいと言ったイメージは薄れつつあると思います。

 

ただまだサプリメント好きの消費者の信頼を揺るがすようなニュースを目にすることがない訳ではありません。

先日も個人輸入のサプリメントから医薬品成分が検出されたというニュースがありましたね。

個人輸入のサプリメント=海外の製品と言うことですが、昔と違って今はamazonとかでも普通に個人輸入出来ますからね。

そういった個人輸入の精力増強やダイエットに効果があるというサプリメントを厚生労働省が実際に購入して調べた結果、半分強のサプリメントから医薬品成分が検出されたとのことです。

健康被害の恐れがあるということで、同省では個人輸入しないよう注意を呼びかけています。

同省のサイトでもアップされていますね。

アメリカでは健康食品やサプリメントと医薬品の垣根が日本よりも曖昧ですからね。

それにアメリカではサプリメントでも日本では医薬品という成分もあると思います。

ですのでこういったことも起こりうるというかあって当然という気もしますけどね。

 

それに今に始まったことではないですからね。

過去には中国製のサプリメントで死者が出たというようなこともありました。

他にも何年かに一度はこういったことがニュースになっていますよね。

ただアメリカの場合は日本と同じように厳しい法律がありますからね。

それに日本と比べてアメリカの方がサプリメント先進国だと思います。

個人的にはアメリカ製であれば必要以上に気にすることもないような気もします。

 

私自身もDHA&EPA亜鉛、アルギニンなどのサプリメントは個人輸入で取り寄せて飲んでいます。

日本製と比較すると、少なくとも私が飲んでいるサプリメントに関してはコストパフォーマンスも含めてアメリカ製の方が上だと思いますけどね。

ただそれは一般的なサプリメントの場合であって、精力増強やダイエット目的などのサプリメントには当てはまらないかも知れませんね。

と言っても厚生労働省がわざわざ購入して検査をした上で、注意を喚起して下さったのですから注意するにこしたことはありません。

私も今後、他のサプリメントを個人輸入する機会があれば十分注意しようと思います。