本日、某ニュースサイトで種が美容に良いという記事を目にしました。

失礼ながらあまりピンと来るような内容ではなかったです。

でも種と聞いて思い出したのがバジルシードチアシードです。

どちらも最初にブームになったのはもう10年以上前でしょうか。

今は亡き某健康系の番組で取り上げられて、大ブームになりました。

当時は某番組で取り上げられる→その商品がバカ売れするというパターンが確立していましたからね。

噂ではその番組の3ヶ月先ぐらいまでの放送予定表が高値で売買されているという話もありました。

ホントかどうかは分かりませんが、実際にそういった商売をしている方が多かったのは事実です。

番組で紹介された順番としてはチアシードバジルシードだったと思いますけどね。

何分、かなり前の話ですのではっきりとは覚えていないですが、それでもその後の大ブームは覚えています。

それにどちらも今でも販売され続けていますよね。

ブームではないにしてもまだまだ人気商品のようです。

まあなぜ人気があるのかと言いますと、もちろんそれなりに良い食べ物ということもあります。

でも一番の理由は10倍~30倍ぐらいに膨らむという性質が分かりやすいからだと思います。

お腹の中で膨らむから満腹感を得やすいと思いますからね。

ただ実際にそこまで行くかどうか個人的には微妙だと思いますが。

バジルシードとチアシードはどちらが良いの?

バジルシードはタイ原産、チアシードは南米原産でどちらもシソ科の植物です。

でも属は違うのでそんなに近い種でもないかも知れません。

私も自分自身が試してみたかったのと、当時のクライアントさんからリクエストもありましたのでどちらも少し仕入れてみたことがあります。

ですのでどちらも試したことがありますが、かなり前のことですので正直あやふやな面があります。

まず膨張率ですが、バジルシード約30倍チアシード10倍から14倍と言われていますよね。

これはその通りだと思います。

やはりバジルシードの方が膨張率は大きかったです。

あと食感というか歯ごたえもバジルシードの方があったような気がしますね。

まあこれは人によって感じ方に差はあるかも知れませんが。

あと見た目のキモさですが、膨張率が大きい分だけバジルシードだと思います。

それから成分ですが、これはチアシードの方が上のようですね。

それに最近はホワイトチアシードというのもありますよね。

これはスーパーフードの1つにも数えられています。

食物繊維の他にもオメガ3脂肪酸、鉄分、タンパク質、マグネシウム、カルシウムなども豊富です。

ただ繊維質だけに限ればバジルシードの方が多いです。

それと低カロリーなのもバジルシードの方ですね。

ですので繊維質を摂りたいとか満腹感を得たいというならバジルシード、美容や健康面も考えるならチアシードということになるでしょうか。

ただ繰り返しますが、私自身の経験から言えばどちらにしても満腹感を得るまでには到らないような気がしますけどね。

ですが女性の方でしたらそんなことはないかも知れません。

またどちらも比較的安価だと思いますし、何にでも入れたり出来ますよね。

ヨーグルトに入れたりしてもいいと思いますし、ダイエットシェイクに入れるのも1つの手だと思います。

ダイエッターなら色々と工夫したり、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

ダイエットのサポートになるかも知れません。