イギリスのサッチャー元首相って知っていますか?

もちろんおじさんやおばさんは知っていると思いますが、今の若い方だと知らない方の方が多いかも知れませんね。

サッチャー元首相「鉄の女」と異名と取った20世紀屈指の女性政治家です。

ビッグバンと言われる金融改革を成功させ、イギリスを復活させたと言っても過言ではないかも知れません。

で、サッチャー元首相ダイエットの記事に何で出てくるの?と思っている方もいるかも知れませんが、1979年のイギリスの首相の選挙前に、2週間で9キロのダイエットに成功していたそうです。

しかし元の体重がどれくらいあったかはわかりませんが、2週間で9キロ減とは凄いですね。

これだけ痩せれば見た目もかなりすっきりしたと思います。

それも選挙では有利に働いたかも知れませんね。

ただ私たちダイエッターにとってはどんな方法で痩せたのかということが気になります。

これが一見変わった方法で、卵ダイエットという方法だったそうです。

元々はアメリカのメイヨー・クリニックと言う病院が考案したダイエット方法なので、メイヨー・クリニック・ダイエットとも言うそうです。

その内容は卵や肉類中心のメニューの食事をすることが基本で2週間で痩せることが目標だそうです。

でも卵というとダイエット向きではないように思いますよね。

卵を食べすぎればコレステロール過多になるというイメージがあると思います。

ただサッチャー元首相が食べていたのは理想的な糖質制限食だったらしいです。

つまり卵ダイエットではなくて糖質制限ダイエットと言うことですね。

あるいは今で言う低炭水化物ダイエットかも知れません。

それなら成功したのも納得出来ますね。

またサッチャー元首相が食べていた食事のレシピも公開されているそうですが、私たちが同じことをやろうと思ってもいろいろな意味で難しいかも知れません。

専門の栄養士や調理人を雇える資金力のある方でないと無理だと思います。

それとイギリスの首相にまで登りつめ、歴史に名を残した方ですからね。

私たち凡人とは意志の強さも段違いだと思います。

まして首相の選挙という大イベントを控えていればダイエットも成功しないはずがありません。

ただこの事例から私たち一般のダイエッターが参考に出来る点と言うと、やはり適度な糖質制限は基本と言う点ですよね。

あと何かイベント事が控えていればダイエットの成功率もアップするという点でしょうか。

 

国立病院ダイエット

またそれ以外にも卵ダイエットと言われる方法があります。

こちらは別名国立病院ダイエットと呼ばれています。

デンマークの国立病院が元だそうですね。

私は恥ずかしながら、まったく知りませんでしたが日本でも2000年代の半ば頃には本も出版されていますね。

こちらもメイヨー・クリニック・ダイエットと同じく卵や肉類を中心に、2週間の間決められたメニューを食べるというものです。

ただグレープフルーツがメニューに加わっています。

同じようなダイエット方法ではありますが、やはり別物ですね。

 

まとめ

まあどちらも理論的には正しいのかも知れません。

ただ実行しやすさと言う面では少々疑問です。

詳しいやり方が書かれた本も出ていますので、参考にしてチャレンジしてみてもいいと思いますけどね。

我々おっさんがチャレンジするとなると難しいと思います。

特にサラリーマンのおっさんには向かないような気がします。

 

(Visited 11 times, 1 visits today)