水泳のダイエット効果と消費カロリー&水中ウォーキングのメリット

水泳の選手の肉体ってカッコ良いですよね。

見事にビルドアップされた肉体の持ち主が多いです。

最もそれなりに真剣に取り組めばどんなスポーツをやっても見事な肉体にはなるでしょうけどね。でも特に水泳の選手の体はこれぞ逆三角形!と言う感じですね。

少しはあやかりたいものでございますが、今回は水泳のダイエット効果水中ウォーキングについて紹介したいと思います。

水泳

 

水泳のダイエット効果

今さら言うまでもなく、水泳はダイエット効果が高い運動ですよね。

基本は有酸素運動になりますが、背筋や腹筋を使うので結構な全身運動になると思います。そのためハードに泳ぐ場合は無酸素運動でしょうね。

それから水泳は普段使わない筋肉にも負荷を与えられるはずですし、泳いでいる時の姿勢は健康面でもいいそうです。

 

また水泳はカロリー消費量も高いです。

体重55㎏の人が1時間のウォーキングを行うと120kcalを消費します。

それに対して、1時間の平泳ぎをするとおよそ600kcalが消費できます。

もしクロールをするなら消費するカロリーは1000kcalです。

さらにプールの水圧も、運動効果を促進と言われています。体にかかる水圧は、1.3トンにもなるらしいですからね。

これだけの水圧が全身にかかれば血の巡りもよくなり、新陳代謝も活発になっても不思議ではありません。

 

プールの中を歩くだけでもOK

スポーツクラブなどのプールでは、泳がずにただ歩いているだけの人もいますよね。

所謂水中ウォーキングです。

当然ながら、プールの中では水の抵抗がありますらね。その分だけ動きにくくなります。実際、歩くだけでもかなりの運動になるのは間違いないでしょうね。

それに鍛えることが難しいインナーマッスルにも効果的と言われています。

 

また膝関節や腰などを痛めている人や、体重がそこそこある人は、関節に負荷のかかる一般的な運動が難しい場合があります。体を壊してしまっては何にもなりませんからね。

その点、水泳にしても歩くだけにしても水の中なら浮力がありますからね。膝の関節や腰にかかる負荷はかなり少ないはずです。

そのため体に負担をかけないで運動をすることが出来るはずです。

 

さらにプールの温度は大体の場合、体温より低めです。水中にいても体温が下がらないように、私たちの体は自然と調節しますがこれが代謝を活発にするとも言われています。もちろんほんのわずかでしょうけどね。

それでもダイエットやメタボ解消には多少なりともプラスになるはずです。

 

おっさんのメタボ解消に!

水泳と言うか水の中は、いろいろなメリットがあることが分かりました。

我々おっさんがメタボ腹を引っ込めるためにも効果絶大だと思います。私も出来ることならプールに通ってみたいですけどねえ。果たして通うだけの時間を捻出出来るかどうかと言う問題もあります。それに近所にプールやスポーツクラブなどの施設があるとは限らないですしね。

まあこんなことを言っていてはいつまでたっても脂肪とサヨナラ出来ませんが・・ただ実際問題として、手軽さと言う面からはあまり宜しくないですよね。

その点がネックだと思います。