甘いものがやめられない!その理由と食べる時間&量の減らし方

2018年3月8日

甘いものが好きな方もお多いと思います。

特に女性には多いのではないでしょうか。ただ言うまでもなく、食べ過ぎは良くないですよね。

ダイエット中ならなおさらです。ですがやめられなくて悩んでいる方もいますよね。

ですのでダイエット中の甘いものとの食べ方について考えてみます。

甘いもの

 

甘いものがやめられない理由

私たち人類の歴史は飢餓との戦いでした。

その進化の過程で高カロリー、高脂肪の食べ物を好む個体だけが生き残ってきたという説もあるようです。この説によれば、私たち人類は本能的と言うかDNAのレベルで高カロリー、高脂肪の食べ物を欲するということですね。

つまり甘いものがやめられないのも当然かも知れません。

また高カロリー、高脂肪の食べ物を食べることで抗うつ作用があることが確認されたそうです。気分を高めたり癒しや安らぎを感じるということですね。私たちがなぜ高カロリーのジャンクフードと言われるような食べものがやめられないかはこの事も関係しているのかも知れません。

それと女性の場合には当然ですが、女性ホルモンの分泌が多いです。この女性ホルモンの働きで甘いものを好むようになるそうです。

もちろん甘いものがダイエット的には良くないのは言うまでもありません。なるべくなら食べないようにしたいものです。

ですが甘いものが癒しや安らぎにも繋がるとすれば、このような食べ物をまったく食べないというのもいかがなものかということになります。また甘い物が好きな方であれば、我慢すればストレスも感じると思います。それもダイエット的には良くないですからね。

ですのでダイエット中でもたまには高カロリーな食べ物や甘いものもあえてとるのもありかと思います。もちろん食べすぎに注意しながらですけどね。

甘い物を食べるならいつがいい?

では甘いものを食べるならいつがいいでしょうか。

当サイトでは以前、食後をおススメしていました。その理由は空腹時に甘いものを食べるとインシュリンがうまく分泌されない可能性もあり、糖が分解されにくく脂肪として蓄えられやすくなってしまうという可能性があるからです。逆に食後に甘いものを食べると食事をしたことにより、インシュリンが分泌されているので糖が分解されやすく、脂肪になりにくいということが言えると思います。

ですが某テレビ番組でもやっていましたが、食前や完全に空腹になる前に甘いものを食べて血糖値を上昇させて、満腹感を得やすくすることで食事の量を減らすという考え方もあるようです。ということでどちらがいいのか迷ってしまいますね。個人的にはどっちもどっちだと思いますが、今はどちらかというと食前に甘いものを食べた方がいいのかな?という気がしています。

いずれにしてもダイエット中には甘いものは食べない方がいいのは言うまでもありません。でも好きなものを我慢することで、ストレスを感じて精神的に不安定になるくらいなら少しだけ食べた方が逆にいいかも知れませんね。

その場合には食べる量には十分注意して、適度な量を食べるようにして下さいね

 

食前デザートダイエットとは?

次に、食前デザートダイエットを紹介します。甘いものが止められない方には参考になるかも知れません。

食事の前に何かを食べるというダイエット法もいろいろありますね。食前デザートダイエットもその一つです。福岡県の小野村先生というお医者様が推奨していらっしゃいます。

やり方ですが、食事の約30分前に50~70kalぐらいデザートを食べるだけです。これによって血糖値が上昇し、ムダな食欲を抑えてくれます。

ただこれだけではなくて、夕食にはたんぱく質を多くとることと炭水化物の量を減らすことがポイントのようですね。

 

個人的な感想ですが、どんなデザートを食べるかにもよるんじゃないですかね。

それと甘いものも含めて好きな食べ物=ダイエットの敵でもないですからね。あくまでダイエットの敵はカロリーの摂り過ぎです。

ですので同じ甘いものを食べるのであれば、食前に食べるようにしてみると良いのではないでしょうか。

 

甘い物を食べる量を減らすには

ダイエットのためには少なくとも甘いものを食べる量を減らすことは必要だと思います。

そのための方法として・・

・ハチミツで代用
・フルーツ類にする
・甘い飲み物を少しずつ飲む
・バニラなどの香りをかぐ
・回りにお菓子などをおかない
・食べたくなったら他のことをやる
・あるいは別のことを考える(好きな人が浮気している場面を想像するなんて心理療法もあるようです)

などの方法があると思います。

ちょっと名前は忘れましたがアメリカの何とかというオッサンはダイエット中にお菓子とかに話かけていたそうです。「なあお菓子くん。君は私にとってホントに必要なのか?」こんな感じで続けていたら間食を全然したくなくなったそうです。あとタレントのパパイヤ鈴木さんはもチョコがやめられないなら嫌いでなくても「チョコ嫌い」と口に出して言い続けると少なくとも食べる量が減ると言っておられました。

ただストレスを感じるようでしたら少しくらいは食べた方がいいかも知れません。完全に止めなくても量を減らせばいいですからね。しかしちょっとだけのつもりが・・ということにならないようにしなければなりません。それが難しいんでしょうけどね。

いずれにしても自分なりに工夫してうまく甘いもの、間食とうまく付き合うようにして下さい。