ダイエット中の1日のカロリー摂取量の目安&1キロ痩せるためには?

2018年5月24日

ダイエットする上ではカロリーについて考慮しなければなりません。

これはダイエッターにとっては避けては通れないことです。それぐらい重要な摂取カロリーについて、改めてまとめてみます。

少しでも参考になれば幸いです。

カロリー摂取量

 

カロリー摂取量について

そもそもカロリーという言葉はエネルギーを生み出す熱量のことです。

そして食事からの摂取カロリーと、体を動かすことで使える消費カロリーをうまくコントロールすることがダイエットですからね基本的には食事で摂るカロリーよりも消費されるカロリーが多ければ、少しずつ痩せていくという方式が成り立ちます。

人の身体は、生命活動を営むために必要なカロリーを常に使っているので、たとえ安静にしていても一定量のエネルギーが消費されています。いわゆる基礎代謝ですね。成人男性の基礎代謝は1日で約2,000kcalぐらいだと言われています。女性の場合は約1,800kdalぐらいとされています。

単純に考えれば食事からの1日のカロリー摂取量がこの基礎代謝の範囲内であれば自然と痩せて行きますよね。ですがダイエットを成功させるためカロリー摂取量を抑えようとして、極端に食べる量を減らすようなダイエットは良くないと思います。栄養不足に陥る可能性がありますし、何よりも続かないと思います。

美容や健康にいいダイエットをしたいのであれば、極端な食事制限はやめて普段より200キロカロリーを減らすくらいにし、あとは毎日の運動の習慣で体重が減るようにするといいです。

それからダイエットを長期に渡って続けるために、小さなことにカリカリしすぎず厳密なカロリー計算にこだわりすぎない方が良いでしょうね。多少のどんぶり勘定でやったダイエットの方が、結果的には継続しやすく成功しやすいと言えるかも知れません。

まあこれは人それぞれだと思いますけどね。

 

1キロ痩せるのに必要なカロリー

1キロ痩せるためにはどれくらいのカロリーの消費が必要だと思いますか?

答えは大体7000kcalだと言われています。7000kaclを運動で消費するか、食事で摂取カロリーを減らさなければならないということですね。最もその方の年齢や体質で差は出てくるとは思います。もちろん異論もあるでしょうが、およその目安にはなるのではないでしょうか。

しかし実際に運動でこれだけのカロリーを消費するとなると大変です。かなりの運動をしないといけません。ですので食生活を改善することがより重要だと言えると思います。

逆にこのことから考えてみれば、そんなに簡単には私たち人間は痩せることが出来ません。それに短期間でダイエットの結果を出すのは難しいということが理解できると思います。

そのためダイエットはある程度の期間をかけて根気良く取り組むことが一番大事です。目安としては1ヶ月に3キロ~4キロぐらいを目標にするといいと思います。あるいは1週間から10日で1キロぐらいですかね。

これぐらいでは満足出来ないという方もいるかも知れませんが、元の体重にもよりますが1キロ痩せただけでも見た目が違ってくる場合もありますからね。自分では気づかなくても周りの人は気づいていることもあると思います。

いずれにしても根気良く、焦らず、コツコツとダイエットに取り組んで下さいね。

 

日本人のカロリー摂取量

ここ数十年で日本人の食生活はかなり西洋化しましたからね。摂取カロリーも増えていると思います。

しかし日本人のカロリー摂取量を2008年と終戦直後と比較してみると、2008年の方が終戦直後よりもむしろ少ないぐらいだそうです。これには少々驚きました。イメージ的には終戦直後よりはかなり増えたような感じがしますけどね。

これはダイエットや健康に関する意識が高まったということもあると思います。その結果、カロリーの摂りすぎに注意している方が増えてきたということなんでしょうね。

しかし、終戦直後より肥満が減ったかと言われるとそんなことはないように思います。逆に増えているのは明らかなような気がします。ということは、食べているものに問題があるのかも知れません。

インスタント食品やファーストフード、ジャンクフードなどを食べることが増えたのもその原因の1つでしょうか。こういった食品が中心の食生活をしていると、仮に摂取カロリーが少なくてもダイエットにとっては良くないと言うことになるかも知れません。

やはり今さらながらダイエッターなら昔ながらの和食系が良いということですね。日本人がずっと食べてきた食事ですからね。合うのも当然だと思います。

 

まとめ

ここではカロリー摂取量、基礎代謝、消費カロリー、1キロ痩せるのに必要なカロリーについて紹介してみました。

あと日本人のカロリー摂取量についても紹介しましたが、今の時代は結構カロリーに気を使っている人が多いようですね。

いずれにしても健康的な毎日をおくるためにはカロリーの摂り過ぎには十分注意したいです。

特に我々中高年はそうですね。