ダイエット中に食欲が抑えられない時にはどうすれば良いのか

2018年3月2日

食欲は言う間でもなく、人間の三大欲求の1つです。

まあ食べなければ死んでしまいますからね。三大欲求の中でも食欲が最強でもおかしくないと思います。ただダイエットやメタボ対策をする時には正直、邪魔ですよね。

実際に食欲や間食が抑えられなくて悩んでいる方は多いですね。

この画像のような装置があればいいですけどねえ。私も欲しいですが残念ながらないですよね。

 

食欲との付き合い方

ただ私個人としては、無理に食欲は抑える必要はないと考えています。

イメージとしてはうまく食欲をコントロールするといった感じでしょうか。もちろんダイエットの為には摂取カロリーを抑えたバランスの取れた食生活をすることが基本です。

でもそれは無理に食事制限をすることではありません。1日の摂取カロリーが一般的に言われている1200前後から1500kcal以内であればいい訳ですからね。その範囲内であれば無理に食べるのを我慢する必要はないと思います。

それに無理な食事制限をすればその反動が必ず来るはずです。食事制限→ストレス→やけ食い、というパターンは特に女性に多いです。私も単品ダイエットや絶食に近いようなこともしたことありますけどね。うまく行きませんでした。

 

それと思いっきりゆっくり食べる、よく噛んで食べる、固いものを食べる、などで違ってくると思います。

あと青色は食欲を減退させる効果があるようです。青いものを見ながら食べるといいかも知れません。

その他ではお腹が空いたら入浴する、歯を磨くなんて方法もあります。それと食前に有酸素運動をすると食欲が抑えられるというイギリスの研究結果もあります。出来る方はやってみるのもいいと思います。

それから食欲を抑える効果があるとするサプリメントもありますが、個人的にはあまりおすすめ出来るものではないと思います。多少はプラスになるかも知れませんけどね。

あと食欲を抑えるツボとかもありますが、どうなんでしょうか。これは試したことがないので何とも言えませんが。

 

ただ過食があまりに酷い場合は精神的なものから来ているかも知れません。そういう場合は専門家に相談して下さいね。

1人で悩んでいたら余計に酷くなってしまう可能性もありますからね。

 

食事を思い出すだけで食欲を抑えることが出来る?

それから前に食べたものを思い出すといいかも知れません。

別にお金がかかるととか面倒とか苦しいと言ったことはないですからね。1つの方法として知っておいても損はないと思います。

詳細は以下の通りです。

 

イギリスのニュー・サイエンティストという科学雑誌の2008/4/26日版に、どんな食事をしたかを詳細に思い出すだけで減量効果があるという研究結果が発表されたそうです。そのメカニズムとしては、脳の中で記憶をつかさどる器官が食欲抑制にも関連しているために起きる現象ではないかということです。実験の内容は女子大生を2つのグループに分けて、同じ昼食を食べてもらった1時間後にビスケットを食べるだけ食べてもらうというものです。それで1つのグループの方に昼に何を食べたかを書き出させたところ、そのグループはあきらかに食べる量が減ったそうです。ただ漠然と食事のことを思い出すのではなくて、前回に食べた食事のことを詳細に思い出さないと意味がないとのこと。

しかしこれは面白い研究結果ですね。

脳はイメージしたことと現実の区別が付かないとも言われていますからね。この研究結果もそのことを実証したと言うことかも知れません。今後の研究次第では画期的な研究になる可能性もあると思います。

継続して研究して頂きたいテーマですよね。

 

ただ減量、ダイエット効果と言うよりも、現時点では食欲抑制効果と言った方が正確かも知れません。

それと実験の内容を見る限りでは間食を抑える効果があったと言うことですよね。ですので間食が止められない方、少しでも間食の量を減らしたい方、そして過食気味の方は試してみる価値があるかも知れません。

何よりも前回の食事を詳細に思い出すだけですからね。それも間食を抑えるためなら今日の昼の食事を思い出すだけです。これならそんなに難しいことでもないですしね。

 

最後に・・

それとこのことは記録するだけダイエットにも使かえるのでは?と個人的に思いました。

食事を記録する時に食べたすぐあとに記録するのではなくて、しばらくたってから記録した方がいいかも知れないですよね。そして記録する時に、食べたものを詳細に思い出しながら書くとより効果的だと思います。

あるいは次の食事の前に、記録したものを見て思い出すと言うのもいいかも知れません。