肥満は伝染する可能性がある?アメリカの興味深い調査結果

2018年3月2日

肥満は伝染する可能性がある?と聞いてびっくりした方もいると思います。

もちろん肥満は伝染病ではありません。しかし伝染すると言う表現は、あながち間違ってはいないかも知れないです。

と言うのも以下のような研究結果が発表されているからです。

調査

 

アメリカでの調査結果

アメリカのハーバード、カリフォルニアの両大学が、1971年から2003年まで12000人以上の体重の推移をモニターした結果、肥満の人が身近な人の体重増加に影響を与えるという結論に達したそうです。

12000人と言うことでモニターの数も多いですし、1971年から2003年という32年間という長期間に渡る調査結果ですからね。かなり信頼性のある調査結果だと思います。個人的にはよく30年以上もコツコツと調査を続けたものだと感心します。

まあ何でもですが、研究者の方たちのこういった地道な努力が人類の発展に繋がっているのでしょうね。

 

それはさておき気になるのはその理由です。

これはたくさん食べている人を見ると、それを見た人の脳も刺激を受けるのではないか、ということだそうですが・・ということは、食事の時にあまりおいしそうに食べたりたくさん食べたりしない方がいいと言うことでしょうか。肥満の伝染と言う観点から見ればそういうことになりますよね。

それと兄弟や姉妹などより身近な場合の方が伝染性は強くなるようだ、とあります。もちろん同じ家に住んでいて同じような食生活していれば体型も似てくるのは当然ですね。しかし離れた場所に住んでいる兄弟や姉妹などにもそのような傾向が見られたそうです。もしそうであれば、肥満の伝染はありうるかも知れませんね。まあこれも遺伝だと言ってしまえばそれまでかも知れませんが。

 

ただ逆に1人の人が健康的な生活をして、肥満を防げばそれが他の人の肥満を防ぐことにもなると指摘している、ともあります。これはダイエットの成功も伝染すると言うことになりますよね。

私たちも同じダイエットをするなら絶対に成功して回りの人にいい影響を与える存在になりたいものですね。

 

ダイエットするなら誰かと一緒に!

それとダイエットするなら1人でするよりも友人やご家族と一緒にした方が成功する確率も高いと言われていますね。

1人が成功すれば当然ながら影響を受けます。もちろん逆の可能性もありますけどね。それでもこれからダイエットを始める方は身近な友人とか誰かをさそって始めるのもいいと思います。

そしてダイエットに成功して身近な人にも好影響を与えることが出来れば理想的ですね。