睡眠不足と肥満の関係、ダイエット中にはしっかりと睡眠を!

2018年2月27日

私たちは人生の3分の1は寝ていますよね。

このことからも睡眠が重要であることは間違いありません。それから夜10時から深夜2時の4時間はゴールデンタイムとかシンデレラタイムとか言いますよね。この時間帯に睡眠をとると美容に良いとされています。最も最近では否定的なご意見もあるようですけどね。

他にも夜10時に寝て朝6時に起きるといいという美容睡眠という言葉もありますが、いずれにしても十分に睡眠を取ることは健康にも美容にもダイエットにもプラスになるのは間違いないと思います。

では睡眠とダイエットの関係はどうなんでしょうか?やはりかなり関係して来るようですね。

Sleep

 

睡眠不足が肥満に与える影響

実際に以下のような、睡眠不足と肥満の関係についての研究結果も発表されています。

「米コロンビア大学の研究者らは大規模な追跡調査により睡眠時間が少ないほど肥満になる傾向があることを確認した。睡眠時間が4時間未満の場合、肥満と判断される人の割合は7~9時間の平均的な睡眠を取る層より73%も高かった。調査結果はカリフォルニア州でこのほど開催された北米肥満学会の年次総会で発表された。調査は1980年代を通じて約1万8千人の成人を対象に実施された。」(時事通信)- 2004/11/18のニュースより

睡眠時間が少ないと肥満になる傾向が高いということですね。

被験者の数も調査の期間も長いのでそれなりに信頼のおける研究結果だと思います。ただ普通に7~9時間程度の睡眠をとっている人と4時間以下の睡眠の人と比較するのはちょっと極端な気がしますね。

睡眠時間が5~6時間の人と比較して欲しかったと思いますけどね。

 

睡眠がダイエットにプラスになる理由

それはさておきなぜ睡眠をきちんととるとダイエットにもプラスになるのでしょうか。

1つの理由として寝ている間に成長ホルモンが分泌され、その時にカロリーを消費し脂肪を燃焼するからです。それと眠気を感じていると起きていてもエネルギーは消費されにくく脂肪をためやすいそうです。ちなみにこれは私たちの遺伝子にも冬眠の遺伝子があるからだそうです。

でも現代に生きる私たちはどんどん睡眠時間が短くなっているとも言われていますよね。中でも日本人女性が世界で最も睡眠時間が短いと言う話もあります。特に40代の女性の睡眠時間が短いのだとか。

いろいろな理由があって睡眠時間が短くなっているのでしょうが、出来ることなら健康や美容、ダイエットのためにもきちんと睡眠時間を確保して頂きたいものです。

追記
米ワシントンにあるウォルター・リード陸軍医療センターの研究結果でも睡眠が短いと肥満の割合が高くなるという結果が出たそうです。

 

まとめ

睡眠不足と肥満の関係について考えてみました。

やはり睡眠はダイエットやメタボ対策にも重要だと言うことが分かりました。最もダイエットだけでなく、健康的な毎日をおくるためにはとても大事ですけどね。

でも私たち現代人は十分な睡眠をとることが難しくなっているのも事実です。それでも良い睡眠をとるよう心がけたいですね。