ダイエット中の停滞期とは?乗り越えるにはどうすればいいのか

ダイエットを続けていると、思うように体重が減らなくなる時期がやって来ます。

これが俗に言う停滞期ですね。そしてこの停滞期は非常に残念なお知らせですが、ダイエット中にほぼ間違いなく来ると思います。もちろん程度の大小、早いか遅いかはありますけどね。出来ればこない方がいいと思うのが人情でございます。

しかしむしろこの時期は必要と言っても良いのでは?と個人的には思います。でもダイエットに成功するために、停滞期のメカニズム、乗り越え方、対策方法を知っておく必要がありますよね。

Worry

 

停滞期のメカニズム

まず停滞期についてです。これは何が原因で起きるのでしょうか。

摂取カロリーを減らした食生活を続けていると、私たちの体は今までよりも栄養を吸収するようになります。最初順調に体重が減っていても、ある時期から減らなくなるのはこのためです。

これが停滞期の基本的なメカニズムです。特に女性の体はこのように出来ています。

停滞期の長さは人よって違いますが1週間から1ヶ月、長い場合は3ヶ月くらい続くこともあるようです。

 

ではなぜこのやっかいな停滞期が必要と言えるのでしょうか?

私たち人間の脳は、痩せすぎ、太りすぎにかかわらず、今の状態が正常と判断しています。今の体重より減っても増えても元に戻ろうとします。

だからある程度ダイエットに成功して体重が減った状態を、脳に正常と判断してもらわないといけません。ですのでたとえ体重が減らなくても現状維持する期間が必要と言えると思います。

逆に考えれば停滞期はダイエットが順調に行っているという証拠でもあります。

 

停滞期を乗り越えるには?

とは言っても停滞期がダイエッターにとって厄介なものであることには間違いありません。

多くの方はこの時期に焦ったりあきらめたりしていまい、リバウンドします。ダイエットを止めてしまうと体が食べたものを吸収し易くなっているので元の食生活に戻しただけでもリバウンドしてしまいます。

だからこの時期は維持していればOKと割り切って下さい。焦らず継続すればまた順調に減る時期がくるはずです。

それから体重が減らないからといってさらに食事制限をするようなことはしない方がいいです。

してもそれほど減らないと思いますし、逆に停滞期が長くなる可能性もあります。最悪の場合はその食事制限をし過ぎてその反動が来る場合もあるでしょうしね。ですので基本的には今までやってきたことを続けて行けば大丈夫です。

ただ何かを追加するのであれば基礎代謝を落とさないようにすることですね。具体的には筋トレが基本になると思います。

いずれにしても続けることがダイエット成功への結果として一番の近道ですし、最高のノウハウですからね。

 

まとめ

と言うことで停滞期のメカニズム、乗り越える方法について簡単にまとめてみました。

ダイエット中には避けて通れないことですのでしっかりと理解しておきたいですね。

少しでも参考になれば幸いです。