大阪府が昨年の11月頃から大阪府民の食に対する意識についての調査を行ったそうですね。

その調査結果によりますと、お好み焼きとごはんうどんとかやくごはんラーメンとチャーハンなど主食の重ね食べをする機会の多い方BMI25以上の肥満の人が多いと言うことが分かったそうです。

詳しくはこちら

というか失礼ながら、わざわざ調査しなくても想像付きますよね。

どれも炭水化物+炭水化物の組み合わせですからね。

炭水化物も体に必要な栄養素ではありますが、摂りすぎは肥満やダイエットに良くないのは明らかですからね。

ただそうは言ってもねえ。

ラーメンも今や国民食と言ってもいいぐらいですからね。

ラーメン屋さんも至る所にあります。

ですので昼食の時などに、ラーメン屋さんですませることも多いと思いのではないでしょうか。

ランチ時にはラーメン&チャーハンのセットメニューがある店も多いですからね。

 

ただ気になったのはお好み焼き+ごはんと言うパターンです。

これは関西独特ではないでしょうか。

私が住む名古屋を中心とした愛知、岐阜、三重の東海地方ではお好み焼きを食事代わりにすることはありますが、お好み焼き+ごはんと言うパターンはあまりないと思いまけどね。

 

 

しかし関西ではお好み焼き=ごはんのおかずと言う認識みたいですね。

お好み焼きだけでなく、たこ焼きでもおかずにしていると聞いてびっくりした記憶があります。

名古屋圏ではたこ焼きは基本はおやつです。

小腹がすいた時などに食べるのが普通です。

もちろん人それぞれですから名古屋圏でもたこ焼きをおかずにしてごはんを食べている方もいるでしょうけどね。

 

まあそれぞれの地方には独特の食文化もありますからね。

一概にどの食べ方が一般的なのかは何とも言えません。

名古屋の名物の味噌カツだって他の地方の方からみればカツ+味噌なんてありえないかも知れません。

ただ繰り返しますが、肥満&メタボ対策、ダイエットのためには炭水化物+炭水化物の組み合わせはなるべく減らすべきですよね。

私もたこ焼きは特に好きでよく食べる方ですが、いつもカロリー高そうだなとは思っています。

またお好み焼きもビールを飲む時に食べたりもします。

もちろんおっさんダイエッターとしては、あまり良くないことは自覚しております。

と言っても好きなものをまったく食べずに我慢するのも何でございます。

1日トータルで考えて、あるいは次の日軽めにするとか工夫して、カロリーの摂りすぎにならないように注意しています。

最もそれが出来ているかどうかはまた別の問題ですけどね。