オッサンになると油っこいものは段々と受け付けなくなって来ます。

大体30過ぎぐらいから嗜好が変わってくるんじゃないですかね。

私自身のことを振り返ってもそうでした。

30過ぎたぐらいから、焼き肉とかステーキよりも寿司とか刺身とかの方がいいと思うようになりましたからね。

もちろん人によっても違いはあるでしょうけどね。

いくつになっても油っこいものが好きと言う方もいるとは思います。

油っこいものをガンガン食べても健康面で問題がなく、余分な脂肪、ぜい肉とは無縁という方であればまったく問題ないと思います。

でも多くの方は年齢が進むに従って油っこいものは控えめにしていった方がいいんじゃないですかね。

ましてアラフィフのオッサンならなおさらでございます。

しかし食の好みは人それぞれですよね。

オッサンになろうがアラフィフになろうがから揚げが好きだ、エビフライ、カキフライなど揚げ物が好きだ、油っこいものを食べるのが男のロマンだという方もいるでしょう。

かくいう私もカキフライはかなり好きでございます。

冬はカキフライを食べるのが楽しみです。

でも揚げ物が好きだとしても、油分の摂取量を減らせるならそれに越したことはありませんよね。

ましてやメタボ腹に悩むアラフォー、アラフィフのオッサンであれば減らした方がいいに決まっています。

ただそうは言っても実際ににどうするかということになると思います。

しかし良い時代になったものでございます。

そんな方のために、メタボ対策食器と言うものがあります。

この食器に油っこいものを入れて、電子レンジでチンすると食器の下に切られている溝にたまります。

そのため余計な油をカット出来るということですね。

確かにこれなら手軽に使えるかも知れませんね。

それにお値段も550円程度とそんなに高くもありません。

私のような貧乏人でも購入出来ます。

また物は有田焼で、和風のデザインというのも個人的には良いと思います。

種類もいろいろありますのでいくつか揃えてみるのもいいかも知れません。

 

油を減らす調理器

あとメタボ対策食器とは違いますが、ゆきり名人と言うのがあったことを思い出しました。

こちらはオイル・カット・ダウン・マシンとか余分な油を減らす調理器ということです。

そのためそんなに安くはなくて、食器に比べれば少々値は張りますがより強力であることは間違いないでしょうね。

メーカーさんのサイトによると、エビフライ4本から11gの油がとれ、101.2kcal分カット出来るとのこと。

結構カット出来るものですね。

それに発売されたのもかなり前ですし、テレビ番組や雑誌などのマスコミでも何度も取り上げられている商品です。

そういった面からも安心出来ますし、本格的なものが欲しいと言うことであればゆきり名人の方がいいかも知れませんね。